23Chanネル-幸せな人生への教科書

1日のうち、気分のいい時もあります。残念ながら、周りに嫌なことを言われたり、失敗して落ち込んだり・・・テンションが下がって気分が落ち込みます。しかし、心の底は腐ってない!心の底からの声で元気を出しています!やる気を取り戻しています!そんな心の声や感じたことを発信しています!何かのヒントになれば最高です!

最初は一塁へ!!

time 2017/10/13

最初は一塁へ!!

バッターが最初に向かうのが一塁ベースです。

打った時、フォアボールの時、デットボールの時、振り逃げの時

一塁ベースに向かいます。

打った時は、インプレー(プレーが続いていること)なのでアウトになる前に一塁に着かなければいけません。

フォアボールもインプレーですが、急いでいかなくてもOKです。

極端な話、歩いて一塁に行ってもいいんです!

でも、歩いたらきっと、審判から

「駆け足で!!」って言われます。

だから、みんな小走りで向かってます。

一塁に着き、次の塁を狙おうと一塁ベースを離れた瞬間に、

一塁ベースに戻る前にタッチされたらアウトになってしまいます。

お気をつけを!!

デットボールはボールデット(プレーが止まること)ですので、

一塁ベースに着き、ピッチャーが次のバッターの投球の準備ができた時に、

審判が「プレイ!!」って宣言しないと、プレーが再開しません。

で、打って一塁(1B)に走るときにベースを踏まなければいけませんが、

踏むべき、暗黙のルールがあります。

それは、ベースの真ん中を踏んではいけません。

 

 

踏むべきところは、「ココ」です!

手前の右側!

なぜかと言うと??

ファーストが踏むのが、手前の左側!

もしくは、ベースの左側になります。

もし、バッターランナーがベースの真ん中を踏んだとしたら

もしかしたら、ファーストの足を踏んでしまうかもしれません。

ケガになりますので、バッターランナーは真ん中を踏んではいけません。

バッターランナーは、一秒でも早く一塁ベースに着きたいので

一塁ベースの右手前を踏むのが常識になっています。

ファーストも、一秒でも早くボールをキャッチしてアウトにしたいので

ベースの内側(左側)を踏むのが常識になっています!!

一塁ベースだけ、ベースを駆け抜けてOKです!!

アウトになるか、セーフになるか

一瞬一秒の戦いですからね!!

無料漫画読み放題 登録方法はこちら

社会