23Chanネル-幸せな人生への教科書

1日のうち、気分のいい時もあります。残念ながら、周りに嫌なことを言われたり、失敗して落ち込んだり・・・テンションが下がって気分が落ち込みます。しかし、心の底は腐ってない!心の底からの声で元気を出しています!やる気を取り戻しています!そんな心の声や感じたことを発信しています!何かのヒントになれば最高です!

野球の怪我。体を知ろう。

time 2017/11/18

野球の怪我。体を知ろう。
骨について

は、細胞成分と細胞外基質でできている。
この役割には、造血、体形の保持、生体が必要とするカルシウムとリンの貯蔵、臓器(心臓、肺、脳など)の保護。

が非常に硬いのは、基質にリン酸カルシウムや炭酸カルシウムといった石灰質が沈着しているから。

副甲状腺機能亢進症やビタミンD欠乏症などではに蓄えられたカルシウムが欠乏し、の状態も変形する。

骨の分類

基質の密度から皮質骨と海綿骨に分類される。

・皮質骨
長管骨の外郭に分厚く存在する。層状をなす構造が重なり合って、強個性と緻密性を獲得している。

・海綿骨
スポンジ構造で、梁状の骨小柱(骨梁)が交錯。
長管骨では骨端部と骨幹端部の内側に広く存在している。

骨の種類

・長管骨(長骨)
四肢の骨。腕や脚のこと。骨髄を入れた管状の構造で管状骨ともいわれる。皮質骨と海綿骨から形成されている。

・短骨
手指や足指の骨。短くて小さな骨。皮質骨と海綿骨から形成されている。

・種子骨
手・足・膝関節を構成する腱の内部にある。球形の小さな骨。膝の骨(膝蓋骨)が例です。
筋や腱の運動機能を高める役割があります。皮質骨と海綿骨で形成されている。

・扁平骨
頭蓋骨、腸骨、肩甲骨などの骨。内側と外側の表面には、内板、外板とよばれる緻密な層板骨で、主に膜性骨化で形 成されている。

骨の構造

・骨端
長管骨両端部の太くなった部分。

・骨幹
長管骨の中央の部分。

・骨幹端
骨端と骨幹の間にある、ふくらみかけている部分。

骨折
骨折とは

骨折とは、の生理的連続性が断たれた状態。完全に折れる完全骨折とヒビが入る不全骨折がある。
どちらも骨折になります。

脱臼

脱臼は、関節の袋の損傷や弛緩のために関節が外れてしまうこと。可動域を超える運動をしたときにおこる。
関節同士が一部接触している状態を亜脱臼完全に外れてしまったものを完全脱臼という。
関節に強い力が加わり脱臼した時に、骨折してしまうことを脱臼骨折という。

主の症状は痛み。関節の可動域が制限されてるため、関節を動かそうとしません。
治療法は、速やかに病院に行き正しい位置に戻してもらうことです。整復と言います。
時間が経過すると、への血流障害が生じる危険性が高まる。

捻挫

捻挫とは、関節包、腱、靭帯は損傷しているが、脱臼骨折はしていない状態。

症状は、何もしてなくても痛い、押すと痛い、腫れている、関節が動かしにくい等です。

治療法は、患部を冷やす
腕と手の場合は、肩より上に上げたままにする。
膝や足首の場合は、仰向けになり、台の上に上げ安静にする。
受傷部位を心臓より高い位置にするのがポイントです。

傷の種類

「傷」は擦りきず。「創」は切りきず

擦過傷

皮膚の表面が擦られて、皮膚が剥がれた状態。

切創

刃物などで、皮膚から筋・骨まで損傷し、キズ口が開いている状態。

擦過創

擦れてキズ口が開いた状態。

捻挫・打撲

皮膚にキズ口はなく、損傷していないが、筋・腱が損傷した状態。皮膚にキズ口がある場合は挫創という。

挫滅創

開放創があり、組織損傷がひどく、原型をとどめていないほどの状態。

野球肩
野球肩

繰り返される投球動作によって、腱板、肩甲下筋、棘上筋、上腕二頭筋長頭腱、上腕三頭筋付着部に過剰な負荷が加わり損傷することを野球肩という。

症状と治療法

投球動作時の肩の痛み。投球動作を中止し、非ステロイド性抗炎症薬(ロキソニン等)や筋弛緩薬を飲む。
温熱療法や肩のストレッチをし筋力増加訓練をする。

野球肘
野球肘

投球動作の時の肘関節の痛み。急性あるいは慢性の肘関節痛の総称。
10代前半に多くみられる。

症状と治療

運動時の上腕骨小骨頭部に疼痛。休憩すると治まる。関節内遊離体は元に戻らなくなり、lokingを起こすことがある。

放置すると、関節軟骨を損傷して変形性肘関節症になる。

治療法は、初期であればスポーツ禁止

関節内遊離体:骨や軟骨などの関節構成成分の一部が、関節内に遊離したもの。

無料漫画読み放題 登録方法はこちら

社会